働く前に知っておきたい風俗のリスクまとめ

オナクラ求人は

Written By: 管理人 - 2月• 20•15

最近、オナクラと呼ばれる風俗の求人が増えてきています。
女の子が、お客さんに触られたりせずに、お互いのオナニーを見せ合ったりするだけでいいから、という触れ込みで、働こうと考える女の子が増えているようです。
ただし、とりあえず求人に書いておく、という業者もまた増えているようです。とりあえず契約をしてしまえば、女の子の方もやめにくくなりますし、本当に触られなくてもいいわけないでしょう?仕事なんだから、という具合に、女の子をいいくるめていくことになります。元々、触られたくないからという理由でオナクラで働いているような女の子が風俗で長く働いていたわけはないので、こういうものだから、と言われると反論がしづらいという点をうまくつかっているわけです。女の子としても、他の女の子もそうやって働いている、と言われると弱いですので。
自衛策としては、面接の段階で聞いておくというのが重要ですが、まあまあまあまあ、と後からうやむやにされてしまう危険がありますので、絶対ではありません。
ネットでの口コミを調べておくのは重要です。これも絶対ではありませんが、口コミと、面接でのしっかりした確認と、両方をやっておくことで、望むお店に近づけます。

稼げる求人は風俗業界が一番多かった

Written By: 管理人 - 12月• 11•14

ここ最近、業界別で稼げる求人数の割合について調べていました。

ちょっとした暇つぶしのようなものですが、真剣度合いは誰にも負けないという自負がありました。

今回調査対象にしたのは接客業に少しでも関わる仕事で、飲食店や小売店などをリストアップしました。

対象は私が住んでいる地域限定という条件のもと、聞き込みをメインとした調査が始まりました。

当初は飲食店が圧倒的高収入で、1位が決まったも同然であると思い込んでいました。

コンビニでお菓子を買うためにレジに並んでいると、いかにも風俗店へ出勤するような格好の女性がいました。

私は、風俗業界の求人について調査することを忘れていたのです。お菓子を棚に戻し、近くのソープとピンサロをはしごしました。

それぞれフェラと即尺による射精もそこそこに、風俗求人の相場を聞き出してみました。

その結果、暫定1位の飲食店を大きく突き放した高収入であることが分かったのです。
コンドームに放出した精液を眺めながら、風俗って稼げるのだと思いました。

こうして私の自由研究が終わり、普段会話をする機会が無い人たちと交流をすることができました。

それにしても、風俗嬢はみんな稼いだお金を何に使っているのでしょうか。次の研究対象が決まりつつあります。

焦ったソープ嬢の気持ち

Written By: 管理人 - 10月• 24•14

ソープ嬢をしててやっぱり一番恐いのは病気ですよ。

私は基本的に毎月検査していたけど、クラジミアとか自分が気付かないうちにかかってたりするもん。

痛かったり、痒かったりすればアレッて思うけど、私の中で一番症状が出にくい性病よね。

それに職業柄、変だなって人は一応わかるし病気もちの人はお断りさせていただくけど、見た目や臭いで分からない人もいるからね。

恥ずかしくて病院に行かないで性風俗ってのはダメよ。

あっちこっちにうつしてたら性風俗の店は無くなっちゃうから、心配な人は検査しようね。

病気も怖いけど、暴力も嫌ね。

スタッフに男性はいるけど、個室にお客様と2人になれば部屋の外じゃわからないから。

余程殴られたり蹴られたりして大暴れしていれば気付いてもらえるけど。

自分の思うようにならないとダメな人もいるし、何かあって八つ当たりしたり。

性風俗ってやっぱり普通に出来る事ではないから稼げる。

でも、稼げるからこそ事情がある嬢が多いのよ。

だからリスクがあっても頑張ってるの。

病気はね、男性から女性の方が移りやすいし、力だって女性は男性にはかなわない。

お互いが気持ち良く楽しんでいられるのが一番だから、気をつけてほしいなって思うの。

性風俗のリスクを回避するために個人の範囲でできることとは

Written By: 管理人 - 10月• 24•14

風俗の文化の強い国の中に日本も含まれています。私はこの文化には非常に満足している状況です。なぜなら、インターネットなどを使って最新の風俗の情報を集められるためです。そして、気に入った場所があれば実際に見てみるのです。これらの楽しみがあるので難しい仕事でも頑張れます。

近年では性風俗のリスクなども話題になっています。特に病気やお金の問題は一般的に言われていることです。私は個人的に常に体を清潔にしているので病気は大丈夫だと思います。それに過去の風俗の体験で病気になったことはありません。そのため、風俗は誰でも大人なら安心して利用できる場所だと思っています。また、実際に病気のリスクを考えてもそういった話はほとんど聞きません。

風俗を利用するとお金が必要になることは当然ですが、そこは個人でも工夫できる部分です。私は頻繁に風俗を使うことは避けて、お金が貯まったら利用するように決めています。逆にそうした方が興奮する確率も高いです。様々なリスクのある風俗ですが、それらを自分好みに変えていけば最高になります。

性風俗のリスクの回避は重要なテーマだと思います。しかし、一般的に言われていることを個人で注意すれば何の問題もなくサービスを楽しめます。

性風俗バレのリスク、身体の匂いはこう誤魔化す!

Written By: 管理人 - 10月• 24•14

楽しい風俗通いですが、独り身ならまだしも妻帯者や彼女のいる場合、やはり風俗バレのリスクが一番怖いですね。

そのために私は日頃からアリバイ工作を行っています。

風俗通いがバレてしまう原因として、匂いの心配があります。

仕事帰りなのに、身体から石鹸の匂いがすれば、すぐにいかがわしい場所へ行ったとバレるでしょう。

その対策として、私は週に一度は自分へのご褒美という名目で、スーパー銭湯に通っています。

週に一度はさっぱりと石鹸の匂いを漂わせて帰宅するので、妻は本当に銭湯が好きねーと笑って、まったく疑っていません。

ですから、風俗に行っていたとしても、銭湯帰りだよーと言えばまずごまかせます。

これは日頃からの継続が必要なので、突然スーパー銭湯に行き始めると怪しまれるかも知れません。

そこで、まずは奥さんと二人で銭湯に行き、すっかり銭湯にハマってしまったアピールをしておきましょう。

その後奥さんと二人で銭湯通いを何度か繰り返し、徐々に奥さん以外の人とも銭湯に行く機会を設けます。

今日は仕事で汗かいたから、ちょっと同僚とあの銭湯に行ってくるわー!などが良い口実ですね。

同僚と行くといえば、さすがに奥さんも私も連れて行ってとは言わないでしょう。

そうやって奥さん以外の人と行く回数を増やし、さらに自分一人でも行くようにしていきます。

そうして、銭湯好きな自分を定着できれば、いざ風俗行きのチャンスです。

匂いバレのリスクを気にせず、思い切りエンジョイしちゃいましょう!

風俗を利用する側の性風俗のリスク

Written By: 管理人 - 10月• 24•14

性風俗を利用する際に、どこまで性風俗のリスクを意識していますか?

みんなやっているからとか、高級店だから、などでリスクを考えずに

性風俗を利用するのは危険があります。性風俗のリスクを意識して、

安全に風俗を楽しむためには、性風俗のリスクに対する知識が必要不可欠です。

まず、最も大きいリスクは、「病気」でしょう。特に一番は「HIV」です。

万が一HIVに感染した風俗嬢と行為をしてしまえば、感染する可能性が高くなります。

風俗嬢は定期的に健診は受けているものの、HIVには潜伏期などもあるので、

完全ではありません。これはもう注意してもしすぎることはありません。

といっても、日本ではまだまだHIV感染率は低いです。それよりも風俗で最も感染しやすいのは、

「性病」です。オーラルセックスなどで感染しやすい「クラミジア」は、感染しても自覚がない

場合が多いので、知らず知らずのうちに多くの人が感染してしまいます。

他にも様々な性病があります。風俗によく行く人は、マメに性病検査などをしましょう。

最後に、女性に騙されるリスクです。風俗で女性に優しくしてもらって勘違いしてしまい、

風俗の女性を好きになってしまって、多額のお金を貢いでしまった、という話をよく聞きます。

風俗によく行く男性は、あまり女性慣れしていない人も多いので、騙されやすいと言えるでしょう。

どうしても見られてしまうリスクはある

Written By: 管理人 - 10月• 24•14

性風俗で働いている女の子のほとんどは、知り合いや友人に働いているところを見られたくないと思うでしょう。

そのため、女の子によっては、地元よりも少し離れた場所で働いたり、送迎アリのお店で働くことも多いです。

ただ、やっぱりどれだけ気をつけた働いたとしても、知り合いや友人に見られてしまうリスクはあるものなのです。

例えば店内でプレイするタイプのお店であれば、お店に入るところさえ見られなければ問題ないでしょう。

しかしホテルでプレイをするタイプのお店だと、頻繁にお店とホテルを行き来することになるので、それだけ見られる機会は多くなってしまうのです。

大学生や社会人の女性であれば、男性の知り合いや友人も多いかと思うので、万が一知り合いの男性が自分が働いている風俗街へ来てしまうと、見つかってしまう可能性もありえなくはないのです。

たとえそれが地元から離れていたとしても、風俗を利用する男性は結構いろんな地域を巡ったりするので、たまたま出くわす可能性もゼロではないのです。

そのため、どれだけ対策したとしても、100%絶対に見つからない保証はないので、そこだけは覚えておかなければなりません。

もっとも、確率的には極めて低いことですし、そのようなリスクをあまり気にしすぎる必要もないと思います。

風俗への依存

Written By: 管理人 - 10月• 24•14

私は良く風俗を利用していますが、それでもお酒を飲みに行った時などに行くくらいにしています。

友達も風俗をかなり利用しています。友達ははっきり行ってかなり依存している状況だと思います。

確かに、デリヘルなどで女の子をホテルに呼んで、楽しいひと時を簡単に過ごせるシステムはすごいと思います。

但し、はっきり言って安いものではないため、月に1~2回利用するだけでもかなりの出費になってしまいます。

また、風俗は形に残るものが無いなので、振り替えってみると、風俗利用しなければ、美味しいものが食べられたり、欲しいものが買えたのではと思うことがあります。

私は思えるので、行きたいけど抑えることが出来ます。

友達はその考えがまったく無いため、本当に風俗のためにお金を稼いでいる状況になっています。

休みの日にも、風俗に行くために休みを取ったり、暇な時間はネットで風俗サイトをずっと何時間も見ています。

かなり可愛い子もいるので、友達の考えもわからないことは無いのですが、最近は彼女感覚になってきているため、かなり依存率が高くなっています。

このままでは、本当の彼女探しも出来ないし、出来てもまともな恋愛にならない可能性があります。

でも一番はお金がかかることが、性風俗依存のリスクだと思います。

素人では満足できない?!プロの技

Written By: 管理人 - 10月• 24•14

恋人を作るとお金がかかるし、時間の制約も増える。

自由に暮らしたいと考えると、恋人を作らないほうが楽です。

ですが、人恋しくなったり、性欲はどうしようもないもの。

自己処理もいいですが、やはり体と体で触れ合いたいですね。

ハグ(抱き合う)する事で、人間はストレスが軽減されるといいます。

これは自慰では得られないものです。

そんな悩みを抱え、どうにかしようと性風俗に通う方もいらっしゃると思います。

現代は風営法も厳しくなり性病チェックや、お店の衛生管理はバッチリ◎ですが、

性風俗に通うことはリスクなしではありません。

金銭面は、彼女とデートしたりすることを考えれば安いものですが……

最大のリスクは「素人では満足できなくなる体になってしまう」という事ではないでしょうか。

風俗も仕事です、皆さんの職場にもすごい人がいるように性風俗には勿論プロがいます。

そのプロがこちらの要望にあわせて、時間内いっぱいサービスをしてくれるわけです。

恋人とは違い、こちらの要求メインなのです。

この違いはかなり大きいです。

もしあなたに恋人が出来たとして、性風俗に通っていた過去があった場合、

その恋人すなわち素人による愛撫で、気持ちよくなれる補償がないのです。

それが性風俗のリスクとなります。

ご注意ください。

夜遊びのリスク管理はにおいから

Written By: 管理人 - 10月• 24•14

風俗に行くこと自体、隠している人もいるでしょうが実は一般的なことでしょう。男性だれにとっても性欲はあるものですし、妻帯者や恋人がいる人でも満足できていなかったりはたまた会社の付き合い…というよい口実で楽しんでいる人もいるはずです。

しかし知られたくない人がいる以上、風俗を楽しむことによるリスクが発生していることは認識するべきです。女性一般にとっては風俗自体がけがらわしいものという認識もありますし、道義的に承服しかねるという意見もごもっともです。そうである以上、リスクはマネージメントして風俗は楽しむべきですね、そう仕事と同様に。

ではどういうリスクがあるのか、一番に思いつくのが知り合いに見られることでしょう。もちろんそれはどうしてもリスクはつきまといますが、余程人目につくところで風俗を楽しまない限りは同好の士が見ただけのことです。お互い様、ということで妻や恋人にまで情報は出回らないでしょう。

問題はにおいにあります。風俗には独特のにおいがあります。消毒液や女性のコロン、石鹸のにおいなど普段の生活ではつかないようなにおいがあるのです。人によってはイソジンでさえそういう風に発想を持って行かれます。においには注意です。